側頭筋~頭痛・歯の痛み・知覚過敏~

前回のトピックでも少し触れた、『側頭筋

咬筋』を補助して働きます。

"こめかみ"の名が表す通り、お米を噛む=食べ物を「そしゃく」するときに働く、咀嚼筋です。
側頭部に手を当てながら奥歯を噛みしめると、グッっと力んで引き締まるのが感じられますね。

この側頭筋に生じたトリガーポイントは、前頭部・側頭部の頭痛の原因になったり、時には上の歯の痛みや知覚過敏を引き起こすこともあります。

出典:誰でもできるトリガーポイントの探し方・治し方 p85

左図の黒点が、トリガーポイントが生じやすいポイント
右図の斜線が、痛みの発生部位

この側頭筋、ご自分で容易にさわれますので、指の腹や、手のひらの付け根でマッサージすると、じわーっと効いてスッキリしますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。